1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

RIVET

nkm58a.jpg


<RIVET>= 足とフタを使い部品同士を固定する金属パーツであり、カシメとも呼びます。

あらかじめ穴を空けた部品同士を手打ちの道具や機械(プレス機)を使って接合します。


nkm58e.jpg


材質が金属であり、これだけで十分な強度はありますが
ミシンを使用した補強のカンヌキと併用するケースもあります。

おそらく多くの人が一着は持っていると思われるデニムのジャケットやパンツの
ポケット付近で よく目にする仕様です。

負荷がかかる場所とは言え、一見過剰にも見えますが
強度に対して心配性な私にとっては この上ない仕様です。


nkm58b.jpg




様々な場面で使われている このリベットですが、その中でも
特殊な条件ゆえに外注にてお願いしていたリベット打ちの作業があります。


nkm58d.jpg


穴を空けずに硬質な材質である足とフタを、同じく硬質で厚物の素材に打ち込みます。

失敗は許されず まさに一発勝負。


その長年に渡りお世話になってきた熟練職人が昨年引退する事となり
技の伝承と共に見慣れない機械がカドヤに導入されました。


最強のカシメ役である電動マシンがこちらです。


nkm58c.jpg


ロボットのような佇まいと一瞬で打ち抜く力強さと衝撃は
相当なインパクト・・・圧倒されます。


nkm58z.jpg
 

先日 初めて作業に携わりましたが、足が震えるほどの緊張感を覚えました。

同時に今まで経験した事のない感覚であり、どこか高揚感を感じたり・・・


迫力のある光景をお見せしたいのですが、この機械を使いこなすには
相当な時間を要する事になりそうです。

なので このマシンの紹介は時期が来たら改めて・・と思います。



日の出も早くなり 日増しに暖かくなってきました。
春風が心地よく革ジャンをさらりと羽織り出かけたくなる

そんな季節ですね。


【中村】 
2017-03-24 : 未分類 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター