FC2ブログ
1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

HF JET STREAM ATTACK!

冬も後半で本番、皆様この時期の防寒対策はどうされていますか?

着重ねしたり、サイズ感で調整したり、何かしらの工夫をくわえても革ジャンでやり過ごす、粋だと思います。

と言うことで、ヘッドファクトリー冬の3兄弟をご紹介致します。


NNF

先ずは、今年も好評頂いております大定番の「N-1

3色展開の中から、今回モデルが着ているのはネイビー色です。

ネイビーと言っても彩度は低く、チャコールネイビーとでも呼びたくなる落ち着いた色合いです。


NNB

拘りの1枚革で構成されるシンプルなバックビュー。

黒い革ジャンをお持ちの方や、革ジャンをライトに着こなしたい方には特にオススメです。




DMF

お次は、この冬リリースされた「DE-MOD」、 ディーモッドと読みます。

オールブラックながら個性的な面構えが印象的な1着。

シンサレートハイロフトを使用したキルティング裏地は防寒性に優れています。


DMB

N-1と比較すると、身幅は若干タイトなシルエットです。

袖の付け根に配置されたプリーツと、ウエストを走る腰帯が、男臭い後ろ姿を醸し出しています。




N3BF

そして最後に「N-3B LEATHER

言わずもがなのデザインレイアウトですが、ヘッドファクトリー拘りのフォルムシルエットはクルーズライド向けです。

ゆとりを含める縫い込み仕立てで、中綿のシンサレートとアルミシートを包み込んでいます。


N3BB

威風堂々としたコヨーテのボリューム感と、ラグランスリーブの丸みを帯びたシルエットがバランス良くマッチし、

ワイルドとマイルドの間、丁度いいところに仕上がっています。





まだまだ凍てつく冬は終わりません。

是非、気になるモデルのフィッティングに足をお運び下さい!


【市島】
2017-01-20 : プロダクツ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター