1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

お盆休み

TH 2017 08 18 0001

こんにちは、原田です。

皆様は、お盆休暇いかがお過ごしだったでしょうか。
今年の関東におけるお盆休暇期間は
例年になく、スッキリとしないグズグズとした天候が多く

東京では8月に入ってから17日連続の長雨で
私の地元、神奈川県川崎市も
一日を通じて晴れた日はありませんでした。

帰省された方、旅行に行かれた方、家でのんびりの方
様々な過ごし方があったことと思いますが

TH 2017 08 18 0002

私はと言いますと
長期に渡りず~っと気がかりでありながら
気が重くてズルズルと先延ばしになっていた
バイクのメンテナンスを。

昨年のいつ頃からだったかシートが裂け
今年に入ってからは徐々に亀裂が広がり
とどめは梅雨、シートベースのアンコが連日の雨でボコボコになり

ここまでなってしまうと見た目は二の次
もうやけくそでビニール袋をかぶせる始末、、、
なんとも情けない姿に。

TH 2017 08 18 0003

劣化の損傷が最も酷かったのはマフラーです。

排気音が日に日に大きくなり
なんだかサイレンサーのあちこちから排気漏れをしている様子で
しばらくの間は排気漏れであろう箇所を
ワイヤリングをして騙し騙し乗っていましたが

いざバラシてみると、このありさまです。

錆と振動で、サイレンサーに固定するヒートガードステイが
サイレンサー本体から根こそぎモゲていました。

大きな穴が3か所、下っ腹の長い溶接が全て割れ、、、
これはもう、完璧なまでの排気漏れ、でありました。

TH 2017 08 18 0004

エキパイも酷い、、。
ヒートガードを外して唖然としました。

TH 2017 08 18 0005

そして、一番の盲点だったのが
このエンジン付け根のエキパイヒートガードです。

見るからにヤバそうだったボルトネジは
焦らず、KURE 5-56 を吹き付けてしばらく放置です。

その後、頃合いを見計らって、いよいよプラスドライバーでグリッ!

「ん?」 

「やっちまった。。。」

ズルズルのネジ山に。


若い頃の自分ならこんなトラブルはへでもなく
ヒートガードに傷が付かない様
サンダーでボルトの頭を切り落としてカバーを外し
飛び出したボルトをプライヤーで引っこ抜いて片付けていたところですが

今回は、迷わず悩まず即、作業中断。

TH 2017 08 18 0006

最近は歳のせいなのか
発想といえば、もうすぐさま便利なネット注文です。

先程ダメにしてしまった付け根のヒートガードは
再注文で後日取り付けるとして

今は出来るところまで作業を。

事前に注文し届いている純正パーツ

「キレイ!」

TH 2017 08 18 0007

ワッシャー、パッキンなど
細かいパーツまでストックがあり
一個一個別々の袋に入って届きます。
さすが純正パーツ、パッケージもキレイ。
ありがたいです。

TH 2017 08 18 0008

そして
後日、とはいえ
2日後の午前中に届いた
問題のエキパイ付け根のヒートガード

無事交換終了です。

TH 2017 08 18 0009

しばらく忘れていた美しい横からの眺め。

後加工の調整いらずで
ほぼポン付け手間いらず、の純正パーツではありますが
それでも交換後は達成感があります。

やはり新品パーツは気持ちのいいものです。



HONDA CT110 ハンターカブ

只今の走行距離は7万7千キロほど。
新車で購入してから何年経ったのでしょうか
途中しばらくメーターがぶっ壊れていたので
8万キロは超えてると思いますが

足回りの消耗パーツを定期的に交換するくらいで
他は全く今まで問題なくきておりましたので
いいタイミングではありましたが

それにしても
交換後の乗り心地の良さといったら
バタバタギスギスしていたものが

アイドリングはとてもマイルドで静か
「フルフルフルフル、、、、フルルン!!」 と。

シートももうビニール袋の時のように
ブレーキのたびに前へズルズルとずっこけることもなく
グリップが効いてフカフカ、最高です。

中低速でしっかりとトルクが戻った本来の走りは
新車に乗っているかのようです。

信号待ちからの発進も楽で静か。
気持ち良く加速します。

TH 2017 08 18 0010

なぜもっと早くちゃんと交換しなかったのかと反省しつつも
このお盆休み中は
楽しくて毎日地元をぐるぐると走り回っていました。

いいバイクです!


【原田】
2017-08-18 : 未分類 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター