1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

2017 MCFAJ CLUBMAN ROADRACE SERIES-2

TH 2017 06 23 0001

こんにちは、原田です。

先日、6月18日(日)に
富士スピードウェイに行ってきました。

2017 MCFAJ CLUBMAN ROADRACE SERIES-2

L.O.C 〔LEGEND OF CLASSIC]
HISTORIC MOTORCYCLE ROAD RACE SERIES

に、我がTRIDE RACING TEAM のメンバーが参戦するので
応援に。

TH 2017 06 23 0003

チームのメンバー
リーダーの久保田さんと、岡本くんです。

早朝車検前の最終チェック
前日に組みあがったばかりのマシン
二人とも寝不足ぎみ、、、ではありましたが

ハイテンション

TH 2017 06 23 0002

単気筒のエンジン、、、端正な面構え
シリンダーのフィンがなんとも美しい

ついつい見とれてしまいます。

TH 2017 06 23 0004

HFブログで過去のレース参戦記に
たびたび登場してもらっている
岡本くん

いよいよです!
今回初参戦となりました!!

マシンは英車、単気筒 1955年式
BSA CB32 Goldstar 350cc

L.O.C ジュニアA にエントリーです。

TH 2017 06 23 0006

予選出走直前
ピットロードにて
エンジンスタートの笛の音を待ちます。

いつもながら
見ている僕が緊張します。

TH 2017 06 23 0008

こちらは決勝前
スターティンググリットにて。

岡本くん
いつもと変わらず飄々としています。

現在は梅雨の真っ只中
朝から曇り空ではありましたが
予選中は天気もなんとかもってくれていました。

しかし、、、決勝が始まる少し前より
ポツポツと雨が降り出し
スタート時にはウェットコンディションに。

TH 2017 06 23 0007

スタートしました!

無事を祈ります。

TH 2017 06 23 0019

清板くん

マシンは、1940年式
INDIAN SPORTS SCOUT

予選走行前、ピットロードにて。

いつもながら
ライダーとマシンの一体感に惚れ惚れします!

L.O.C PRE-1950 のクラスにエントリーです。

TH 2017 06 23 0016

TRIDE RACING TEAM のレーシングスーツは
元々、清板くんが所有するヴィンテージレーシングスーツをモチーフにしています。

TH 2017 06 23 0017

前のクラスのレース中は
ピットロード手前のパドックにて待機します。

数十台のエントリー車両が出走前の受付を終え
所狭しと列をなして並び、収まります。

自ずと緊張感も高ぶります、、が
L.O.C 常連の清板くん

クール!

TH 2017 06 23 0018

清板くんの横にはいつも変わらず
トラ乗りヨッシーがピットクルーとしてサポートします。

TH 2017 06 23 0050

こちらは予選走行のショット
別のクラスにエントリーの清板くんと混走の岡本くん
一周4kmのコースで各自が自己のペースでラップを重ねる中
この狭いカメラの枠内にチームメイトとのツーショットが収まるなんて、、


決勝は
路面が濡れている中
転倒、クラッシュが相次ぎ
後半レッドフラッグが振られ
レースは中断、、、
そのまま終了となりました。

二人共無事に完走し、戻ってきました。

TH 2017 06 23 0009

1961年式 TRITON-650

TH 2017 06 23 0012

ノートンのフェザーベッドフレームに
トライアンフの別体エンジンを搭載

右側一本出しのサイレンサーに向かう
集合管のエキパイがスパルタンです。

TH 2017 06 23 0010

小山くんです。

育休でしばらくレースから遠ざかっていましたが
地元富士スピードウェイにて久々のレース復帰です。

L.O.C ヘビーウェイトA にエントリーです。

TH 2017 06 23 0011

マシンの調整にあたるのは
オールドトライアンフのスペシャリスト
TRIDE MOTORCYCLES 大石さんです。

前日の練習走行で発生したマシントラブルのため
車両をショップに持ち帰り
夜を徹しての作業とのこと。

不眠不休で臨んだ予選では
無事、問題をクリアし
決勝までの間に
パドック横の暖機場にて
キャブセッティング、ブレーキ調整など
微調整を行っています。

TH 2017 06 23 0013

いざ、決勝の舞台へ
普段の小山くんの人懐っこさはありません。
戦闘モードに入ってます。

TH 2017 06 23 0014

大石さんとTRIDE のエースライダー小山くんとのツーショット
かっこいいな~。

TH 2017 06 23 0030

予選走行の結果
決勝は4列目、10番グリッドからのスタート

スタートも絶好調で大外から混走の上のクラスの車両をごぼう抜き
上位集団で快走します。

ホームストレートで吹け上がる
トライアンフの高音域のエキゾーストノートは
体がゾクゾクと興奮し、鳥肌が立ちました。

予選から6秒タイムをちじめ
自己の持つベストタイムを2秒もちじめ、クラス優勝を飾りました。

いや~、小山くん
観ていて気持ち良かったよ!

TH 2017 06 23 0020

応援に駆け付けたいつものトラ乗りのメンバー

気心知れた間柄で
特別に気を使うことも、また気を使われることもなく
ライダー達のピリピリ感を時には和らげたり
ピットクルーとして走り回ったり
他のクラスのレース観戦をしたりと、、
参戦しているライダーとは別の充実した楽しみがあります。

レース場はやっぱりいつ来ても気持ちがスカッとして最高です!

TH 2017 06 23 0015

【原田】

2017-06-23 : 未分類 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター