1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

癒しの時間

先週末の関東は
冬型の気圧配置となって北寄りの風が強まり
木枯らし1号が吹いた、との発表がありました。
実際に深夜から明け方にかけて
肌寒さと共に、冬の到来を思わせる強い風が吹きました。

深まる秋の季節からゆっくりと
冬に近づいてる今日この頃であります。

TH 2015 10 30 001

皆さんこんにちは、原田です。


くっきりと鮮やかな赤に色づいた果実が枝に沢山実り
大きく成長した我が家の植木、ハナミズキ

春には青々とした葉に
淡く薄っすらと生成りがかった白い花が綺麗に咲きますが

深まる秋と共に表情は一変
紅葉し
春に負けじと
心を癒してくれます。

TH 2015 10 30 002

しかし
前日夜からの強い風で
またまた一機に
葉が落ち、、、
ここ2~3週間くらい毎週末の早朝
竹箒で庭の落ち葉をかき集め
片づけるのが私の日課であります。

道路にまで散って飛び
放っておいたら腐葉土になるほどに積もった庭の落ち葉は
なかなか視覚的に強烈で
戦意喪失しそうになりますが

不思議と掃除し始めると
だんだんテンションが上がり
かき集めてはま~るく盛り、、を繰り返し

腰が痛くなってきたところで
タバコに火をつけ一服です。

ボヤ~っと落ち葉を眺めながら
小さな達成感に浸っているこの瞬間が
非常に地味ですが

なんとも言えず
休日の朝の
至福のひと時です。


さて、今朝は
他にも楽しい作業が待っているので
あまりゆっくりもしていられません!

TH 2015 10 30 003

頼れる愛機カブ

最近はもっぱら通勤での出番が多く
会社との往復では約60kmですので
毎日のように乗っていますと
リアタイヤは半年も持ちません。

真ん中だけまっ平らにすり減り
ツルツルです。

TH 2015 10 30 004

この日のために注文しておいた新品タイヤと
タイヤ交換に必要ないつもの道具たち、です。

TH 2015 10 30 005

リアチェーンを外し
リアブレーキバーをハブから外し
アクスルシャフトのナットを緩め
シャフトを「ズボッ」と抜き
タイヤが「ボテッ」と、です。

TH 2015 10 30 006

リアタイヤは特に交換頻度が高く半年毎なので
チューブはケチって3回に1度ほどしか交換しません。
(もちろん、その時の状態によって交換できるようストックはあるのですが、、)
なので
タイヤをリムから外す時に
バールで中のチューブをエグッて穴を開けないよう
恐る恐る「グリッ」とやります。

TH 2015 10 30 007

抜き取ったチューブは
バケツなどに水を入れ
空気の入ったチューブを浸して
空気漏れのチェックをしますが、、
今日は
早朝の静寂な中、息を静めて
耳チェックのみで、、、ウム、、、OK!
先へ進みます。

TH 2015 10 30 008

黄色いポッチの軽点を
リムのバルブ穴(重点)に合わせて、、

TH 2015 10 30 009

ビードが均等にでるように
ベビーパウダーを擦り付け滑りを良くします。
(一般的にはビードワックスでやるそうです)

TH 2015 10 30 010

バラしたついでに
ハブ内をチェックです。
チェーンスプロケット側には
おにぎり型のゴムダンパーがあるので
摩耗度のチェック、、、OK!
スプロケットとのガタ、、なし、、、OK!!

逆側はリアブレーキシューです。
ハブ内の汚れをクリーニングし
ブレーキシューをチェック、、、ムムッ、、、!
次回必ずや交換します!!

TH 2015 10 30 011

燃費も良く
簡単構造で丈夫で長持ち
純正パーツはしっかりと手に入り、お手頃価格
特別な専門知識のない私でも
いたるところにメンテナンスしながら楽しめる箇所があり

「人の手」が入る余地があるこのバイクが
とても好きです。


緊張感をもって作業に集中し
お客様のご要望に応えるべく
真剣勝負である革ジャンづくりの仕事は
個の立ち入る隙などなく
「癒し」とはほど遠い
ピリピリとした熱気の中で
作業に没頭するあまり
あっという間に一日が過ぎ
達成感と共に疲労感もかなりのものですが

愛機のメンテナンスは
長年馴染んだお決まりの作業ゆえ
リラックス&リフレッシュにもってこいで
小さな達成感まで付いてきます。

TH 2015 10 30 012

半年後
庭のハナミズキが白い花を咲かせるころまで
このタイヤが長持ちしてくれたらなぁ
と思っています。


【原田】
2015-10-30 : 未分類 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター