1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

オーダーメイド その50

名古屋店よりご注文頂きました
S様のオーダーメイドジャケットをご紹介します。

まずは「丈夫であり、軽くて柔らかいこと」との
ご要望で、革はゴートの黒を選択。

染料のみを使用するアニリン仕上げにより
革本来の表情が生かされます。

NkM_9a.jpg

NkM_9b.jpg

GSX-R1000の乗車姿勢に合わせ、フロントZIPの止まりを
高めに設定した、着丈の長いジャケットです。

前裾はVの字に、後裾はUの字にカットし
バストに近い位置から絞られたタイトなシルエット




Nkm9c.jpg

上衿はピタッと寝ないように少し起こしてドットボタンで留める
見え方に設定されています。

下衿は大きくとり、1930年代のアビエイタースタイルを彷彿とさせるデザイン。

そして左胸には両玉縁ZIP式のポケットを設置。




Nkm9d.jpg

左前身頃の腰まわりには角度がついた片玉縁のハンドウォーマー。

更にその下にはマチ付のフラップポケットがつきます。




Nkm9e.jpg

当て革を施した2枚仕立ての後裾にも同仕様のポケットがつき、
手を入れやすくするため角度は斜めに設定されています。




Nkm9f.jpg

ループ状の革に指先を入れてドットボタンを留める仕様。

ポケットの中の物を圧迫せず、金属パーツによるキズを
防ぎます。




nkm9h.jpg

スタイルや気温によって使い分けが出来る
着脱式の衿ボアはグレーのムートン。




nkm9i.jpg

両脇につくアクションプリーツにより、細身のシルエットでありながら
動きやすい仕様に。
また、前傾の乗車姿勢時にプリーツが伸びきることを想定して
奥行きを深めにとっています。



自分だけの1着を作るにあたり、あれこれと思いをめぐらせるのは
至福の時間なのでは・・・

しかし、仕上がりのイメージをここまで具体化することは
容易ではないと思います。

お客様より持ち込まれた資料や絵型。そして仕様書から
伝わってくる熱い要望は作り手にとってはプレッシャーでもあり、
また、とても嬉しいことでもあります。

この度は御注文いただきありがとうございました。



オーダーメイドスペック/BONNY-0ベース

・革/アニリンゴート ブラック
・裏地/スーパハードツイルキルティング ネイビー
・ZIP/YKK No10,No7,No5 アンティークゴールド
・衿ボア/ムートン グレー
・取扱店/KADOYA名古屋店


【中村】
2013-06-28 : オーダーメイド :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター