1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

RECYCLE

革漉き機

革漉き機の製造に関しては現在、ほぼ100%のシェアを誇るニッピ製。

縫製する前に革を薄くする工程(漉き)でこの機械を使用します。
本社工場では2台が稼働中。


電源を入れ足元のペダルを踏むと、樽(ローラー)と丸刃・グラインダー(砥石)が
連動で回転します。

ローラーで送られた革が刃によってスライスされる仕組み。

樽

上部の厚さ調節ダイヤルと押さえ金具により、コンマ数ミリまで薄くする事が可能です。
どれも非常に精度の高いパーツ。



研磨

回転中にグラインダーをあてると、火花を散らし刃が研磨されます。
まるでミニチュアの生産工場のよう。美しい光景。


刃

銀色に輝く新品の丸刃。


研がれて短くなった刃は交換の時期を迎えますが、このドーム型の美しい鉄塊を
捨ててしまうのが毎回、心苦しい。

そんな時、工場内で廃棄処分往きのランプシェードを発見。写真では分かりづらいのですが
色は昭和の電化製品によく見られるレトロなグリーン。堪らんです。

そこで、この二つの廃品を合体。古い刃は電気スタンドの土台に。
製作時に手を数ヶ所創傷。刃物の取扱いにはご注意を!

ライト

自宅での明かりは、ほぼこの1台のライトで間に合ってます。十分な明るさです。

生活はミニマムで。思考はマキシマムに。一生着られる革ジャンは上等なものを。



【中村】

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

2011-04-29 : 道具 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター