1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

2017 MCFAJ CLUBMAN ROADRACE SERIES-2

TH 2017 06 23 0001

こんにちは、原田です。

先日、6月18日(日)に
富士スピードウェイに行ってきました。

2017 MCFAJ CLUBMAN ROADRACE SERIES-2

L.O.C 〔LEGEND OF CLASSIC]
HISTORIC MOTORCYCLE ROAD RACE SERIES

に、我がTRIDE RACING TEAM のメンバーが参戦するので
応援に。

TH 2017 06 23 0003

チームのメンバー
リーダーの久保田さんと、岡本くんです。

早朝車検前の最終チェック
前日に組みあがったばかりのマシン
二人とも寝不足ぎみ、、、ではありましたが

ハイテンション

TH 2017 06 23 0002

単気筒のエンジン、、、端正な面構え
シリンダーのフィンがなんとも美しい

ついつい見とれてしまいます。

TH 2017 06 23 0004

HFブログで過去のレース参戦記に
たびたび登場してもらっている
岡本くん

いよいよです!
今回初参戦となりました!!

マシンは英車、単気筒 1955年式
BSA CB32 Goldstar 350cc

L.O.C ジュニアA にエントリーです。

TH 2017 06 23 0006

予選出走直前
ピットロードにて
エンジンスタートの笛の音を待ちます。

いつもながら
見ている僕が緊張します。

TH 2017 06 23 0008

こちらは決勝前
スターティンググリットにて。

岡本くん
いつもと変わらず飄々としています。

現在は梅雨の真っ只中
朝から曇り空ではありましたが
予選中は天気もなんとかもってくれていました。

しかし、、、決勝が始まる少し前より
ポツポツと雨が降り出し
スタート時にはウェットコンディションに。

TH 2017 06 23 0007

スタートしました!

無事を祈ります。

TH 2017 06 23 0019

清板くん

マシンは、1940年式
INDIAN SPORTS SCOUT

予選走行前、ピットロードにて。

いつもながら
ライダーとマシンの一体感に惚れ惚れします!

L.O.C PRE-1950 のクラスにエントリーです。

TH 2017 06 23 0016

TRIDE RACING TEAM のレーシングスーツは
元々、清板くんが所有するヴィンテージレーシングスーツをモチーフにしています。

TH 2017 06 23 0017

前のクラスのレース中は
ピットロード手前のパドックにて待機します。

数十台のエントリー車両が出走前の受付を終え
所狭しと列をなして並び、収まります。

自ずと緊張感も高ぶります、、が
L.O.C 常連の清板くん

クール!

TH 2017 06 23 0018

清板くんの横にはいつも変わらず
トラ乗りヨッシーがピットクルーとしてサポートします。

TH 2017 06 23 0050

こちらは予選走行のショット
別のクラスにエントリーの清板くんと混走の岡本くん
一周4kmのコースで各自が自己のペースでラップを重ねる中
この狭いカメラの枠内にチームメイトとのツーショットが収まるなんて、、


決勝は
路面が濡れている中
転倒、クラッシュが相次ぎ
後半レッドフラッグが振られ
レースは中断、、、
そのまま終了となりました。

二人共無事に完走し、戻ってきました。

TH 2017 06 23 0009

1961年式 TRITON-650

TH 2017 06 23 0012

ノートンのフェザーベッドフレームに
トライアンフの別体エンジンを搭載

右側一本出しのサイレンサーに向かう
集合管のエキパイがスパルタンです。

TH 2017 06 23 0010

小山くんです。

育休でしばらくレースから遠ざかっていましたが
地元富士スピードウェイにて久々のレース復帰です。

L.O.C ヘビーウェイトA にエントリーです。

TH 2017 06 23 0011

マシンの調整にあたるのは
オールドトライアンフのスペシャリスト
TRIDE MOTORCYCLES 大石さんです。

前日の練習走行で発生したマシントラブルのため
車両をショップに持ち帰り
夜を徹しての作業とのこと。

不眠不休で臨んだ予選では
無事、問題をクリアし
決勝までの間に
パドック横の暖機場にて
キャブセッティング、ブレーキ調整など
微調整を行っています。

TH 2017 06 23 0013

いざ、決勝の舞台へ
普段の小山くんの人懐っこさはありません。
戦闘モードに入ってます。

TH 2017 06 23 0014

大石さんとTRIDE のエースライダー小山くんとのツーショット
かっこいいな~。

TH 2017 06 23 0030

予選走行の結果
決勝は4列目、10番グリッドからのスタート

スタートも絶好調で大外から混走の上のクラスの車両をごぼう抜き
上位集団で快走します。

ホームストレートで吹け上がる
トライアンフの高音域のエキゾーストノートは
体がゾクゾクと興奮し、鳥肌が立ちました。

予選から6秒タイムをちじめ
自己の持つベストタイムを2秒もちじめ、クラス優勝を飾りました。

いや~、小山くん
観ていて気持ち良かったよ!

TH 2017 06 23 0020

応援に駆け付けたいつものトラ乗りのメンバー

気心知れた間柄で
特別に気を使うことも、また気を使われることもなく
ライダー達のピリピリ感を時には和らげたり
ピットクルーとして走り回ったり
他のクラスのレース観戦をしたりと、、
参戦しているライダーとは別の充実した楽しみがあります。

レース場はやっぱりいつ来ても気持ちがスカッとして最高です!

TH 2017 06 23 0015

【原田】

2017-06-23 : 未分類 :
Pagetop

CARVED SEAL

6月も半ばに入り 梅雨の真っ只中。

雨と湿気が苦手な私にとっては ウンザリする日が続きそうです。


なので外出する気が進まないこの時期などに 私は部屋の整理をしたりします。

年末の大掃除が得意でなかったり つい物を増やしてしまう習性があったりと・・・
そんな事もあって 空いた時間があると整理をするクセがあります。

その都度、思うのが 「物を捨てるって難しいなぁ・・・」


例えば 人にあげたり、売ることも出来ず、リペアもキビシイ・・・寿命を迎えた服。

普通に処分すれば良いのですが、気に入っているモノであれば 私は一部を手元に残します。

タグやワッペンに始まり ZIPのスライダーなどなど・・・


不思議なもので そんな小さなパーツでも目にすると、当時愛用していた
製品の記憶が蘇ります。


nkm61f.jpg



ZIPのスライダーに関しては好みの形状の他に、プルタブに施された「刻印」の存在が大きい
のかもしれません。

文字や絵に立体的な加工をしたエンボスではなく、印として彫られた刻印に
何故だか いつの頃からか惹かれてしまいます。

使い込むうちに 塗装がはがれ浮き彫りになる経年変化も魅力的。




nkm61b.jpg


チラリと覗く金属パーツの中に刻印が見えるとグッとくるものがあり
ブランドの拘りや思いが感じ取れます。


nkm61c.jpg



刻印好きの私にとって あとは KADOYAの刻印が入ったZIPのスライダーが欲しいところ。

リリースされる日を心待ちにするとします。

そうなると いずれは刻印入りのボタンやリベットもあるとイイなぁ・・・と妄想が膨らみ


部屋の整理をしている中、また物を増やそうとしている自分がいます・・・

なかなか上手くいきません。


【中村】

2017-06-16 : 未分類 :
Pagetop

DEER SKIN

FD121

いつもお世話になっている、鹿革専門のタンナーさん「藤岡勇吉本店」

藤岡さんの歴史は古く、創業130年を超える老舗中の老舗で「鹿革と言えば藤岡」と言われるほどのシェアを誇ります。



FD211

この日は、鹿革を取り巻く今までやこれから、その他諸々のお話を伺う為、何年かぶりにご挨拶を兼ねて足を運びました。

向かった先は、実際に革を鞣している奈良の工場では無く、東京自由が丘のアンテナショップ。



FD111

美しく鞣された鹿革の数々が吊るし展示されています。

原皮は同じでも、鞣し工程と表面処理の違いによって仕上がりは様々。 

今のところ、ヘッドファクトリーでディアスキンを用いた新展開の予定は御座いませんが、やはり良い素材を目前にすると気持ちが高ぶり魅入ってしまいます。

世の中には多種多様の革素材があり、その中でも特に鹿革は個性的で、しなやかな弾力性と引裂強度のバランスは一歩抜きに出ています。
戦時中には航空機の燃料フィルターとしても使われていたほど通気性に優れている点や、絹のような表面の優しいタッチ感などなど、それらを総評して革のカシミアと形容されます。

因みに、カシミアは「繊維の宝石」と表現されるので、ではディアスキンは革の宝石とも言えるのかと思いきや、革の宝石と形容されるのは馬革のコードバン部分だそうです。   ややこしいですね。

鹿革の、と言うより鹿の生態による特徴がもう一つ、表面キズの多さです。

レザーウェアを作るとき、これを全て避けることは非常に困難な為、ヘッドファクトリーでは素材の素の風合いや、繊維密度や厚みなどを重要視し、表面的な細かいキズや染みなどを無理に避ける裁断の仕方はしていません。

その為、製品のどこかには、キズや染みが入り込んでいる事が少なくないのですが、これも鹿革の特徴とご理解頂けますと幸いです。


革の表面処理は大きく分けると、顔料仕上げと染料仕上げのふたつです。

それぞれに善し悪しがあり、現在ヘッドファクトリーでは染料仕上げのディアスキンを採用しています。

藤岡タンナーが仕上げる上質な素材感をそのままお届けしたいからに他なりません。



FD222

そのような特性を持つ鹿革で作られたジャケットは、気負わず羽織れるやさしい仕上がりです。

是非、独特な鹿革のタッチ感をお確かめください。


【市島】
2017-06-09 : 未分類 :
Pagetop

ドカ乗りのお客様

TH 2017 05 26 0001

1982年式  DUKATI 900 MHR改 NCR

TH 2017 05 26 0002

このバイクから漂ってくるオーラは
半端じゃ御座いません。

ファーストインパクトで
見る者の心にずっしりと突き刺さる
圧倒的な存在感を放っております。


外装のカウル類は
MHRからNCR仕様へ

エンジン、吸排気、足回りなどなど
全てにおいてカスタム、チューニングが施されており
ショップワンオフのスペシャルパーツ
現在入手不可のデッドストックパーツなど、、、

車両の細部に至るまで徹底敵に拘った
オーナー渾身の車両であります。

TH 2017 05 26 0008

こちらの美しいバイク
オーナーは仙台在住の

佐々木さん。

カドヤ仙台店は勿論のこと、遠路大阪店
はたまた東京本店に度々ご来店頂いております
カドヤ常連のお客様です。

TH 2017 05 26 0009

この日は

カドヤ大阪店にてオーダー頂きましたジャケットの
製作前の最終的な細部仕様確認のため、仙台よりお越し頂き
製作に携わるパタンナー、職人が在籍する
東京本店にて担当者と直接の打ち合わせとなりました。

前回頂きましたオーダージャケット同様
今回も背中にロゴとイラストが入ります。


車両に跨って頂き
ライディングポジション時の不具合がないか
パタンナーが仮縫いフィッティングにて細部をチェックし
また、イラストのサイズ、ボディー配置などを確認して頂き
無事、最終仕様決定の運びとなりました。

後は、準備が整い次第
製作開始となります!


なんでも
車検から戻ってきたばかりだったそうで
「久しぶりに走った」とのこと。

往路は地元から東北道に乗り
途中で海沿いの三陸道に寄り道し
たっぷりと走りを満喫されてきたそうです。


復路は首都高に乗るやいなや
迷われたそうで、、、

また寄り道ですねェ~。

「レインボーブリッジの方まで行っちまった!」
と、ボヤいておられました。

TH 2017 05 26 0006

佐々木さん

久しぶりにお会い出来て
楽しかったです!

素敵な時間
ありがとうございました。


【原田】



2017-05-26 : 未分類 :
Pagetop

ハカル

ゴールデンウィークも終わり 一段と過ごしやすい気候になりました。

日中は汗ばむくらいの日もありますが 新緑がますます輝き
吹き抜ける風が心地よく まだまだ革ジャンを羽織りたくなる季節です。



さて、ヘッドファクトリーではそんな季節に係わらず 一年を通して革ジャン作りを
行っている訳ですが、そのモノ作りにおいて欠かせないアイテムがあります。


それは 線を引いたり、裁断する時や計測に使う「ものさし」です。


nkm60c.jpg


革ジャン作りの中で 革包丁などの専門的な道具とは違い、誰もが慣れ親しんだ「ものさし」

なので あえて道具として取り扱う事は今までなかったのですが
軽量の尺度となる この「ものさし」がないと仕事になりません。


nkm60d.jpg



職人と言えば 培った経験による感覚を使い、計らずとも同じモノを生み出すイメージがあります。

しかも パタンナーが綿密に設計した型紙どおりに作業を進めていけば
それほど計る必要はないのでは??

と思われるかもしれません。



しかし現実では いざ作業が始まると ものさしを使う場面の連続です。

それは感覚に頼りすぎる事なく、サイズ通りに きっちりとしたモノを作るための確認作業でもあります。


気づくと 持ち場を離れた時にでも計る場面に備え、割れたボロボロの定規をポケットの中に・・・

クセですね・・・


nkm60b.jpg


とは言え 計り過ぎていても作業効率は悪くなりますし、感覚もフル駆使しつつ・・・といった状態です。




以前 ベテラン職人に教えを受けた時に 「気持ち足して」 と言われました。

「気持ち・・・?」 「何ミリですか???」


最初は意味が分からなかったのですが 今では自分もよく使う言葉です。

曖昧な表現に聞こえますが、それは明確な数量ではなく 感覚を使った最終的な微調整となります。



衣食住において 私たちは はかられたモノに囲まれています。

ちなみに この 「はかる」  字によっては長さや重さをはかるだけでなく
考える・計画するといった他の意味も持つ言葉。


ヘッドファクトリーの1人1着縫いを行うにあたり、仕上がりや着心地を考慮し
作業する上で この 「はかる」 は やはり欠かせません。


nkm60a.jpg


【中村】


2017-05-19 : 未分類 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター