1935年創業の日本の革ジャンメーカーカドヤ。本社工場ヘッドファクトリーから生み出されるプロダクト、オーダーメイド、リペア、カスタムの仕様や製作過程、レザーやライダースジャケットにまつわるエピソードなどを発信。「日本のものづくりと職人の拘り」を綴ったブログです。

2017 MCFAJ CLUBMAN ROAD RACE ROUND-4


TH 2017 10 13 6010

こんにちは、原田です。

先日、10月1日(日)に筑波サーキットで行われた
2017 CLUBMAN RODE RACE に行ってまいりました。

今回が2017シリーズ最終戦。
TRIDE RACING TEAM のメンバーも参戦するので応援に。

参加するチームのメンバーは
早朝、サーキットのゲートが開くやいなや
予選前の車検準備やら身支度、出走前ミーティングなどで忙しいため
選手に合わせて早朝に出動です。

TH 2017 10 13 6020

おや?トラの横のバイク、、、

早朝の5時20分に
常磐道の守谷パーキングエリアで待ち合わせをしたのは、、、

TH 2017 10 13 6030

カドヤスタッフ、企画の小谷くんです。

若くしてキャリアも豊富
海外での仕事経験もあり
バイタリティー溢れ、アクティブで、人懐っこいイイヤツです。

カドヤの次世代ホープと共に、ゲートイン!

TH 2017 10 13 6040

TRIDE MOTORCYCLES の代表
大石さんも到着
早速レース車両を下ろし
車検に備えます。

TH 2017 10 13 6050

車検終了後、予選走行が行われるまでの間に
ライダー、ピットクルーを集めたミーティングが行われます。

TH 2017 10 13 6060

ミーティングが終了しエンジンのウォーミングアップを済ませると
すぐに予選走行の時間がやってまいります。

ライダーはレーシングスーツに着替えてピットに移るまで
しばし待機。

TH 2017 10 13 6070

我々のパドックブース前が
BパドックからAパドックに移動する前の待機場所であるため
にわかに慌ただしく、賑やかになってまいりました。

TH 2017 10 13 6080

さあ
いよいよですね、久保田さん

チェアーから腰をあげ
スーツに袖を通します。

L.O.C に参戦して以来
転倒クラッシュが一度もない久保田さんのレーシングスーツは
しっかりと体に馴染み、アジが出ておりますが
とてもキレイ!

TH 2017 10 13 6090

このツーショット、シビレます。

清板くんとマシーンの INDIAN SPORTS SCOUT、そして
今回は参戦せずにピットクルーにつく岡本くん

ピットロードに入る前の出走前チェックのテントを通過。

清板くん
新調したリオスのブーツが決まってて
すごいカッコよかったなぁ~!

TH 2017 10 13 6100

予選はいつも通り
ピットロードにてエンジンスタート

およそ10分間の走行で
ベストラップのタイム順に決勝のグリッドが決まります。

TH 2017 10 13 6110

それにしても、小谷くん!

初めて応援に参加したにも関わらず
レーシングチームのメンバーともすぐに溶け込み
どこにいてもキビキビと
あれやこれやと、気付けばずっと動き回ってくれてました。
手にする用紙は
予選走行後のタイム、順位、決勝のグリッド表。
細かいところまで、何故気付く?

TH 2017 10 13 6120

エンジンスターター

今回自分は初めてこのスターターを任されましたが
ピットロードスタートの予選では
走行前のライダーをヒヤヒヤ、イライラさせる様なシャバダバぶりで
結構落ち込みました。

「決勝では絶対ミスできないぞ、、」

久保田さんポールポジションには一歩届きませんでしたが
最前列2番手からのスタート

いや~緊張しました。

TH 2017 10 13 6130

決勝も無事スタート

今回でこのマシーン
英国名車の Matchless-G50 を乗り収めると語っていた久保田さん

その言葉とおり
いつも見ている我々の目からも
久保田さんの気迫がはっきりと伝わり

予選、決勝と
本当に素晴らしい走りを見せてくれました。

TH 2017 10 13 6140

レースに参戦してから現在まで
エンジン、車体の組み上げから外装の塗装まで
全てを自分で行ってきた久保田さん

そのレーシングスピリットに感服です。

TH 2017 10 13 6150

久保田さんの車の荷台に積まれた
FRPのレーシングタンクは
久々の再開となる私のレーサー用のもの。

いつまた皆と共にレース参戦出来るかは
予定が立たないままではありますが

再塗装のため
久保田先生にお願いすることに。



レース場はいつだって
ドキドキ、ワクワク
自分の心を熱くさせてくれます。


【原田】
2017-10-13 : 未分類 :
Pagetop

FALL AND LEATHER JACKET

早いもので もう10月です。 さわやかな秋晴れが続く好季節となりました。

夏の酷暑を思い起こすと 涼しく穏やかであり、 暑さが大の苦手な私にとっては
睡眠不足や夏バテから解消させてくれる最高の季節。

その安らぎを感じる反面、どこか寂しさや悲しさを感じる季節でもあります。

なので秋は嫌いという人もいますが、私の場合は 夕暮れや桜の散り際など終わりを感じる
情景も嫌いではなく そこも含め 秋という季節がたまらなく好きです。


そんな訳で この時期になるとテンションはグイッと上がり↑秋を思いきり満喫したいのですが
気づくと一気に冬に突入する事もあり、そうなると今度は屋内の暖房地獄に悩まされ
また半袖に逆戻り・・・

秋は儚く 私にとって束の間のご褒美といったところです。


春夏秋冬と四季折々の違いが楽しめるのは 日本の魅力の1つ。

その中でも春と秋は人気があるようです。

桜を代表とする華やかな色彩を連想させる春に対し、紅葉や落ち葉など地味な中にも
美しさを感じる色彩である秋に 私は惹かれます。

心理的というか 好みの問題になってきますね。

nkm65b.jpg


自分は服が好きなこともあり 長袖を着ると何となく高揚感を覚えます。

正直なところ 夏は半袖どころか服も着たくない程の状態ですが
それはいろいろとNGなので なんとか平静を保つよう心掛けています。

ですから この時期は羽織ったり、袖を通す行為が自然と出来て
好きなレザージャケットを普通に着れます。



恥ずかしい話ですが 自分は衣替えのタイミングが上手くつかめないところがあり
昔から「季節感がない」と周りから言われます。


十代の頃に遡ると 学生服。

ある朝 登校してみると自分一人がシャツ姿・・・「しまった!!タイミングは今日か??」

いたたまれなくなり 友人に「今日一日 学ラン貸して」と交渉する始末。

とても迷惑な話です・・・


その後も 「え!まだ半袖?」 「革ジャンはまだ早いんじゃない?」とか
言われることは続くのですが

人の目など気にせず好きな格好をすれば良いのだ! と思い

若かりし頃はバイクに乗っていない時でも 常に革を身に纏いたいという事もあってか
夏でもレザーベストやパンチングのレザーTシャツなどを着ていると

当然 「それ暑くないの?」 と聞かれますが 「いや、全然。」 と涼しげに即答。

冬になれば防寒性の高い衣服が登場し 「革ジャン寒そうだね」などと言われたり

春先は心地良くても汗ばむ日もありますし・・・


やがて変化は徐々に進み、体は正直と言うか 大人になったのかだろうか・・?
場面に応じた最善の方法を探るようになりました。


そんな経緯もあり 私にとって革ジャンは やはり秋!!


秋といえば 芸術・読書・食などが挙げられますが
食に関しては一番美味しい物が食べられる季節。 まさに旬ですね。

革ジャンに関して旬というものがあるとしたら やはり今じゃないでしょうか?


nkm65a.jpg


さて 工場の現状はというと正に繁忙期であり 革ジャン作りの真っ最中。

この状況はヘッドファクトリーの中で秋の定番になりつつあります。


【中村】













2017-10-06 : 未分類 :
Pagetop

通勤tweet

hjyukij


もう何年も、大体同じ時間に大体同じルートで通勤しています。

マンネリ化して鈍感になりがちですが毎年この季節、涼しい空気が流れ始めると、バイクに乗っている気持ちの良さを改めて痛感します。


何百往復もしているうちに、街並みは当然少しずつ変化していて、その時それに気づいたとしても、あっという間に新しい光景に順応し、ちょっと前のことなんてすぐに忘れてしまう、良い事なのか悪い事なのか。



suhhi


昔観た、タバコ屋を営む主人公のオヤジと、その店に通う客たちとの触れ合いを軸に描かれている一本の映画をふと思い出しました。



rrruijj


オヤジの日課は、毎朝店先で一枚だけ写真を撮ること。

そこには偶然の通行人が映り込んだりしていて、何年も撮り続けているうちに、それは立派なアルバムになり、そのあとの話の流れは、、、



jukiji


全然思い出せませんが、なんとなくその頑固オヤジの素朴な日課が印象的でぼんやりと記憶に残っています。

オヤジの日課は自発的な行動ですが、逆に受動的な毎日のルーティンならば、その中で感じる些細な何かを楽しまないと勿体ないのかもしれない。



suuiyheu


秋の風はそんな事を感じさせます。



hjggy


なんて言っている間に、上野駅に到着。

職場まではあと数分。


ずっと変わらずに、でも動き続ける我がヘッドファクトリー、今日も何か起こるかな、、、

楽しまなければ損、損、、


なんて、甘くないか、今日も1日頑張ろう!


【市島】
2017-09-29 : 未分類 :
Pagetop

オーダーメイド その 137

20170922Mr.Otake8

この度紹介するのは、
私の友人、千葉県東金のZAPPER乗り、
尾竹さんオリジナルデザインのオーダーメイドジャケットです。

20170922Mr.Otake10

今回、初のオーダーという事もあり、2度3度の細かい打ち合わせの基、

車両の見合うレトロな雰囲気のジャケットとなりました。

20170922Mr.Otake5

ネイビーのボディーにアイボリーの2本ライン
同じくアイボリーの糸でステッチを入れました。

otake 65 sleeve


拘りのナンバー65はゴールド縁にホワイトです。

20170922Mr.Otake4

Nミンクルは1.2~3㎜厚、
摩耗強度に優れたホルスタイン種の革です。
表面は鮮やかな発色と日光堅牢度の強い、顔料仕上げ。
初期から馴染みもよく
柔らかい質感を持つ素材です。

好みは分かれますが、
今回のパッケージには良く馴染みます。


20170922Mr.Otake2

ご注文有難うございました。

気に入って頂いた様子でなによりです。

20170922Mr.Otake7

レザーを着てツーリングをするには、
良い季節になってきましたね。

また走りに行きましょう。


オーダーメイドスペック/ オリジナルジャケット

・革/  N ミンクル ネイビー/アイボリー
・裏地/ サテンキルティング シャンパンゴールド
・ZIP/ YKK No.10 No.5 アンティークゴールド
・ドット釦/ アンティークゴールド
・取扱店/カドヤ東京本店


【牛坂】
2017-09-22 : オーダーメイド :
Pagetop

MERIDEN BONNY / MODEL-0

9月に入ってからは日中の酷暑から解放され
特に朝晩は大分涼しくなり、過ごしやすい季節になってまいりました。
いよいよ秋のツーリングシーズン
そして革ジャンシーズンの到来です。

今回は、HF LINE UP MODEL
〈MERIDEN SERIES〉 BONNY MODEL-0 をご紹介致します。

TH 2017 09 15 0100

こちらは、本店スタッフ浅野くんのオーダー品で
部材類など、細部の仕様は異なりますが
正規モデル同様
VINTAGE STEER 仕様です。

TH 2017 09 15 0101

新品時にはシボ感が目立たないフラットな銀面(革の表面)が
着込むことで体に良く馴染み、部分的にシボが現れ
メリハリの効いたアジのある表情へと変化しております。

TH 2017 09 15 0006

染料仕上げにより革素材本来の風合いを引き立たせ
底艶のある透明感が特徴の VINTAGE STEER 。
クロームとタンニンの混合鞣しにより
風合いと強度の持ち味を両立させております。

ハリ、コシがしっかりと備わり
着始めは体を締め付けるように
「ギシギシ」とキシクリ音を奏でますが
着込むことで体に良く馴染み
フィット感と共に、非常にメリハリのある美しい表情へと変化します。








TH 2017 09 15 0102

一方こちらは、HF-GOAT仕様となります。

部材類など、正規ラインナップモデルとは各所仕様が異なりますが
モニタリングサンプルとして、開発期間中から現在まで着続けておりますので
こちらも先程の VINTAGE STEER 仕様と同様に
経年変化による革の風合いがしっかりと出ております。

TH 2017 09 15 0103

腕は特に肘内まわりを中心に
ボディー全体の中でも一番顕著にアタリ皺の出る場所です。

HF-GOAT 独特の凹凸感のある銀面のシボが
アタリ皺によって、更に立体感を際立たせております。

VINTAGE STEER の表情と比較して
全体的にとてもワイルドな雰囲気が出ています。

TH 2017 09 15 0003

ゴートスキンは強靭な繊維組織で軽量
そして表面の摩擦強度も同時に兼ね備えており
ライダースジャケットに非常に適した素材ですが

HF-GOAT は更に一歩踏み込んだ開発を
信頼のおける協力タンナーと共に行っております。

原皮の持ち味
野性的で自然な表情を引き出すシュリンク加工により
独特なシボ感を表現し

混合鞣しにより
粘りのある引き締まった感触となり
風合いと強度のバランスのとれた仕上がりとなっております。

ハリ、コシがしっかりと備わっていながら
着始めより、すこぶる馴染みが良く
とにかく他の革素材と比較して軽いのが最大の特徴ですので
着心地抜群です。

TH 2017 09 15 0200

VINTAGE STEER と HF-GOAT
革の表情、感触、着心地、経年変化などなど、、
それぞれ異なった特徴を備えておりますので
お客様のお好みで選んで頂ければ、と思います。

HF-GOAT 仕様のBONNY MODEL-0 は
元々、直営店別注で極少量発注にて展開しておりましたので
ご存じない方も多くいらっしゃると思いますが
ご好評につき、今シーズンは発注数が増えましたので
気になる方は是非、お早めに!

ご来店の際は、まず
各モデル、各サイズ、在庫状況及び
欠品の際は入荷時期、ご予約、お取り置きなど
電話連絡にてご確認頂いた上

お近くのカドヤ直営店にご来店下さいます様
お願い申し上げます。

皆様のご来店
心より、お待ちしております。


〈カドヤ直営店 お問い合わせ先〉
・カドヤ仙台店
・カドヤ東京本店
・カドヤ名古屋店
・カドヤ大阪店
・カドヤ福岡店


【原田】




2017-09-15 : プロダクツ :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

head factory

Author:head factory
創業1935年、日本の革ジャンメーカー浅草カドヤ。本社工場ザ・ヘッドファクトリーでは、職人それぞれが一人一着縫いにて既製品の製作、オーダーメイド、カスタム、リペア、そして製品管理を行なっています。
所在地:東京都台東区西浅草3-29-21 株式会社カドヤ本社ビル 6F/7F

FC2カウンター